ランスタッドを利用する前に評判を把握しておくことが大切

男性と女性
  1. ホーム
  2. 社会の安全を守る仕事

社会の安全を守る仕事

警備員

責任感がやりがいに

警備員は、さまざまな職種の中でも比較的求人数の多い職種です。一口に警備員と言っても、具体的な仕事内容はさまざまです。身近なところではスーパーやデパートといった商業施設での警備業務がありますが、これも駐車場の誘導から店内の防犯、閉店後の夜間警備まで勤務形態は多岐にわたります。また、現金輸送車や要人の警護といった、危険と背中合わせの仕事もあります。警備員の求人は、専門の警備会社によるものが中心です。警備を必要とする施設から直接求人が来ることもありますが、数はそれほど多くありません。また、人材派遣会社からの求人もありますが、警備員は原則として派遣が禁止されている職種なので、担当する業務は限られます。警備員の仕事の良さは、多様な勤務スタイルが選べる点にあります。防犯・治安維持といった仕事は24時間いつでも需要があるため、日勤・深夜勤務・早朝勤務など、自分の生活サイクルに合った働き方ができます。また、警備員は肉体的にハードな仕事なので、常に人材が不足傾向にあります。そのため、たとえば道路工事現場の警備など短期の仕事でもコンスタントに需要があり、収入が安定しています。そして何より魅力的なのは、強い責任感を持って仕事に臨めるということです。他人の生命や財産を守るというのは社会的に意義のある仕事ですし、それほどの危険を伴わなくても、誰もが安心して暮らせる社会の実現に一役買っているという自覚は、大きなやりがいをもたらします。